レビトラがあればEDも怖くない

レビトラと尿管、シルデナフィルとバルデナフィル

レビトラは勃起不全や、勃起を維持できない人の治療を目的とした治療薬です。薬自体に性的興奮を得る効果はなく、女性には何の効果もありません。あくまで外部からの性的刺激および興奮を得た時に、自然な勃起を促すサポートを行う効果があります。薬の効果持続時間は、最低でも5時間から6時続きますが、食事の影響を受けやすいため、空腹時に服用していない場合は効果が薄まる可能性があります。
ED治療薬として世界で初めて販売が開始されたバイアグラの有効成分はシルデナフィルで、レビトラの有効成分はバルデナフィルです。どちらも似たような作用で、勃起をしずめてしまう酵素「PDE5」を阻害することで勃起しやすい状態にします。作用は同じですが、バイアグラを服用して副作用が強く出てしまったり、十分な効果が得られなかった場合でも、レビトラで効果が実感できる人もいるため、他のED治療薬に満足できなかった人も試す価値があります。
レビトラのようなPDE5阻害薬には、前立腺肥大症の影響による排尿障害を和らげる効果があります。もともとED治療薬は前立腺肥大症の治療薬として開発され、臨床試験の際にEDに効果があることが判明したという経緯がある薬です。前立腺や尿道の平滑筋にもPDE5は多く存在していて、平滑筋の緊張や収縮を弛める物質を抑制することで、尿を出しづらくしています。そこでPDE5阻害薬を服用することにより平滑筋の緊張がゆるみ、尿管を尿が流れやすい状態にします。PDE5阻害薬は前立腺肥大症に伴う排尿障害の緩和に役立ちますが、原因を治療する医薬品ではないため、根本的な治療を望む場合は専門の医師の診察を受けて適切な治療を行いましょう。

レビトラ関連記事

ページ先頭へ